地域密着?大手?自分にあった不動産屋を選ぼう!

地域密着と大手だとどちらの不動産屋が良い?

>

たくさんある不動産の仲介業者

地域に根差した会社

地域密着型の不動産会社のメリットと言えば、やはりその地域に根差していることでしょう。
すなわち、その地域の情報や治安に精通していることはもちろん、不動産会社ならではの確かな情報は、大変心強いものとなります。
もちろん、個々の物件をしっかり把握している場合も多いので、選ぶときには頼りになります。

地域密着型ということは、その地域の物件を所有する大家さんとのつながりも強いことが多いです。
これによって、大手ではなかなか紹介されない掘り出し物の物件や、料金などの交渉でより良い契約ができるかもしれません。
大家さんとのつながりが深ければ、その絆によって家賃の値下げをお願いなんていうこともしやすくなります。
必ず値下げしてもらえるわけではありませんが、こういったチャンスがあるのは地域密着型ならではかもしれません。

物件数に限界がある

一方で、地域密着型であるからこそのデメリットも少なからず存在します。
その地域にはとても詳しいですが、どうしても大手に比べると紹介してもらえる(カバーしている)物件数や範囲は少なかったり小さかったりしがちです。
その分密度が濃いと言えるのですが、様々な物件をあれこれ見比べたいという場合には少し向いていないかもしれません。

また、大手チェーン店よりも敷居が高いように感じる方も多いように思います。
特に、外部から引っ越してきた場合などは、どうしても入りづらいと思ってしまう方は多いようです。

また、稀なケースではありますが、大家さんとのつながりを重要視している会社の場合、こちらが相談した時の印象などが悪いと物件を貸してくれない、なんてこともあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る