地域密着?大手?自分にあった不動産屋を選ぼう!

たくさんある不動産の仲介業者

このページでは、まず地域密着型の不動産屋のメリットとデメリットを見ていきましょう。 地域密着型ならではのメリットはたくさんあります。 しかし、同様にデメリットもあります。 まずは、その特徴を押さえ、自分の不動産屋選びに必要な知識を得るようにしましょう。

大手にもメリットとデメリットがある

地域密着型のメリットとデメリットを知ったところで、大手不動産屋のメリットとデメリットを見ていきましょう。 一見、大手と言えば大きくて誰もが利用しているから良いのではないかと思いがちです。 しかし場合によっては、合う合わないがありますので、このページでしっかりと確認していきましょう。

不動産屋選びのために知っておこう

それぞれの特徴を押さえたところで、不動産屋を選んでいきましょう。 その際に、知っておきたいポイントがいくつかあります。 知っているだけで得するものから、素朴な疑問に答えるものまで、様々このページでご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

地域密着型のメリットとデメリット

新しい家や店舗を構えたいとき、大抵はまず不動産屋の情報サイトを閲覧するという方も多いのではないでしょうか。
そういった情報サイトをいくつか見ていると、同じ物件が紹介されているのを見つけます。
そして、それらにはたくさんの仲介業者がついていることもあります。

こういったダブりが生じるわけをご説明するためにも、まずはおおまかに業者を分けてご紹介していきましょう。

いわゆる大家さんは、部屋やマンションといった不動産の所有者のことです。
家賃を払ったり、何か部屋に異常があったりすると、まずは大家さんに連絡するという方も多いかと思います。
この大家さんに委託されて、部屋やマンションを管理したり、メンテナンスをしたりするのが管理会社です。
こういったメンテナンスは、大家さん自身が行う場合もあります。

部屋を貸したい大家さんや管理業者からの依頼を受けて、入居者の募集、もしくは紹介を行うのが仲介業者です。
これが、このサイトでご紹介する不動産屋のことです。

さて、これらの業者を知った上で、どうしてサイトに物件のダブりが見られるのかという疑問を考えてみます。
これは、そういった業者が同じ登録制のデータベースを利用しているゆえに起こります。
同じデータベースを使っていれば、同じ物件が複数の業者によって紹介されていても当然のことなのです。

では、実際に不動産屋を選ぶ私たちからしたら、どのような業者を選べばよいのでしょうか。
今回は特に、地域密着型と大手の不動産屋に限定して、どちらが良いのかについて考えていきたいと思います。

おすすめリンク

吉祥寺の不動産物件の相場

吉祥寺の不動産物件の相場はどのくらい?住みやすいと評判の街に家を購入しようか迷っています。

TOPへ戻る